死後の世界はこんな感じ?明暗の世界がくせになるNetflixオリジナルドラマ「彼岸之嫁」

the ghost bride tv-drama

こんにちは、Maiです*

月曜日ですね!3連休はいかがお過ごしでしたでしょうか。

風が強かったりしたけど、基本的に快晴でよかったですね!

場所によってはもう桜の開花が始まっていたり、満開に近いところもあるようです~

花見の自粛要請が出ているのが残念ですね。。。

さて今回のテーマは、台湾ドラマシリーズ第三弾!Netflixオリジナルドラマ「彼岸之嫁(邦題:彼岸の花嫁)」についてです!

最近Netflixで台湾ドラマを見ることにハマっておりまして。いずれは字幕なしでも理解できるようになりたいなあと思いながら、最近中国語学習を完全にさぼっているMaiでございます。

Netflixは台湾ドラマも結構配信してて、探せばどんどん出てきます。また台湾で制作されたオリジナルドラマも何作品かあるので、どんどんNetflix沼に浸かっている状態でございます。

今まで4作品を視聴しましたが、そのうち2作品はすでに記事にしたのでよろしければ*

彼岸之嫁

the ghost bride
Netflix公式Instagramより

「彼岸之嫁」は、台湾で制作されたNetflixオリジナルドラマの第三弾!2020年1月23日から配信が始まり、日本でもすぐに配信が開始されました。

マレーシア人作家による同名小説がもとになっている作品です。

1シーズン、全6作品なのでサクサク見れます。

あらすじ

『彼岸の花嫁』 予告編 – Netflix
「彼岸の花嫁」予告

1890年代のマラッカ、資産家の性悪な息子が謎の死を遂げた。リーランは死の背後にある深い闇へと引きずり込まれ、亡者たちが住まう死後の世界に足を踏み入れる。

(Netflix公式サイトより引用)

病弱な父親をもつリーランはそろそろ結婚を考える必要があるようなお年頃。5年前に香港に留学に行ってしまったティエンバイに思いを寄せながらも、その兄弟であるティエンチンとの結婚を彼の母から紹介されます。

しかし、ティエンチンはすでに他界。この結婚は元からリーランのことが好きだったティエンチンの望みをかなえるため、そしてリーラン一家の家計を支えるために勧められたのでした。

ティエンチンはものすごい性悪で、黄泉の国でも裁きを免れようと悪事をはたらいています。そんな彼を捕まえるためにやってきた天界の番人、アルラン。リーランとアルランはティエンチンを捕えようと協力します。黄泉の国で。

はたしてリーランとアルランは無事にティエンチンを捕まえて、この世に無事に戻ってこれるのか?

って感じですかね。あらすじ書くのって難しい。。。

 PG12ですが、すこし不気味なシーンがあるくらいで(黄泉の国なのでね)、怖いシーンやグロいシーンは大してなかったです。

全話見た感想

これは、見れば見るほど続きが気になるタイプの話でしたね~。最初はすこし現実味を帯びてなさすぎて、、って感じでしたが、1話50分前後だし、全6話だし気づいたらすぐに見終わってしまいました。笑

衣裳が結構かわいくて、現実世界の話では色使いがとても綺麗!明るい感じとか、ほんわかしている感じ、厳かな感じなどが色使いや衣装などで表現されていてよかったです。

謎が解明されたときに、お前だったのかー!!ってなったのと、
最後の展開が、そうなってしまうのかー!って感じで(伝わらない)、
最終話はなかなか内容が盛りだくさんになっています。

主要キャスト

the ghost bride cast
田士廣公式Instagramより

リーラン 黃姵嘉(ホアン・ペイジア)
アルラン 吳慷仁(クリス・ウー)
ティエンバイ 林路迪(ルディ・リン)
ティエンチン 田士廣(ティエン・コアン)

主演の 黃姵嘉さんと吳慷仁さんは台湾の映画祭で受賞経験がある実力派俳優、林路迪さんは台湾系カナダ人で英語を流暢にあやつります。田士廣さんはマレーシア人で、俳優、歌手としてマルチに活躍しているみたいです。

まとめ

今回はNetflixオリジナルドラマ「彼岸之嫁」についてでした!

6話しかないので本当にサクサク見れてしまいます。

2月に台湾に行ったときにこのドラマの広告が至る所(特にMRT)にあったので気になっていたのですが、
日本語字幕で観れたのでよかったです。

さあ次は何を見よう!!春休みの終わりがだいぶ近づいているので、そろそろ学校に向けての準備もしないとです。。。。

ということで以上、Maiでした!ではまた明日~


タイトルとURLをコピーしました