Facebookから始まった奇跡の恋愛模様!映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」

movie

こんにちは、Maiです*

今日は一週間の締めくくり、金曜日ですね!

なぜだか最近朝が起きられず、太陽の光を浴びてもあまりスッキリしない朝が続いています。

この前までは、7時に目覚ましかけたらだいたい7時半頃には活動できてたのですが、ここ1週間くらいは、8時半くらいまでグダグダしてしまいます。。。

くやしい!

あと足のむくみがどんどん悪化しています。くやしい!!

きっと運動していないことが原因なので、ちょっとずつ体を動かしていこうかな。散歩でもしようかな。

さて今回のテーマは、映画シリーズ第一弾!日台共同制作映画「ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。」についてです。

ちなみに今までの台湾ドラマシリーズはこちら☟

ママは日本へ嫁に行っちゃダメと言うけれど。

公式Facebookより

この作品は、日台共同で制作された、2017年公開の映画です。ある実話を元に作られました。

94分間の短編映画ですが、話がサクサクむ、とっても見やすい映画です。

あらすじ

公式Facebookより

台湾人のリンちゃんは、大学で日本語を専攻してけっこう日本語が結構ペラペラなほど、大の日本好き。あるとき、リンちゃんのFacebookに、一人の日本人からのメッセージが届きます。それは、東日本大震災の時にすぐに義援金を送ってくれた台湾に対し、興味を持ったモギさんからのメッセージでした。

そこから、実際に会ったこともない二人が、Facebook上でメッセージのやり取りをはじめます。お互いに興味のあることを聞いて、ふたりはすっかり仲良しに。

そこでモギさんは、ゴールデンウイークに友達を連れて台湾に渡ります。そこではじめて出会うリンちゃんとモギさん。メッセージのやり取りをしているときからすでに惹かれあっていた二人。出会ってさらに惹かれあい、二人は幸せに。

途中いざこざがあれど、強く結ばれた二人の愛情は、やがては海を越えるのです。

Facebookが巡り合わせた、一人の台湾人女性と一人の日本人男性の素敵な恋愛物語です。

観た感想

公式Facebookより

も~~~~~全部が楽しそうすぎる!!!

メッセージのやり取りからデート風景まで、何もかもが楽しそうだ~~!!笑

リンちゃんが、めっちゃ元気いっぱいの子なのですが、全力で今を楽しんでいる感じがもう素晴らしい。観ているこっちまで自然と笑みがこぼれてしまうような、元気いっぱいの作品ですね。

台湾人の愛情表現は日本人に比べて直球、ということがよく言われているんですけど、この作品を観るとなんとなくその意味が分かる気がします。

リンちゃん結構ぐいぐいやないかー!って感じです。笑

モギさんも、リンちゃんの卒業式に合わせて豪華な花束をプレゼントしちゃう行動力!会いたさがゆえにすぐに航空チケット取っちゃうその行動力!かっこよすぎる、、、

基本的にずーっとルンルンな気分でいられる映画なので、ルンルンな気分になりたいときや、すでにルンルンな気分のときにおすすめの映画です!

ものすごくほんわかします。

台湾で撮影されたシーンもかなり多いので、台湾旅行に行っている気分になれるのもgoodポイントです!

主要キャスト

リンちゃん: 簡嫚書(ジエン・マンシュー)

モギさん: 中野裕太

公式サイトより

まとめ

昨日Netflexを見ようとしたら、「一度に見れる人数がオーバーしています」ってなってしまったので(母と姉とアカウント共有のため)、Amazon プライムを探っていたら見つけた映画の一つです。

Netflixも台湾の作品が豊富ですが、実はAmazon プライムも結構豊富ということが判明しました。ということで、これからはNetflexとAmazon プライムを併用して、台湾に関する作品を探っていきたいと思います!

ということで以上、Maiでした!ではまた来週~


タイトルとURLをコピーしました