日本と実はかなり違う!?台湾学生の住まい

livinghouse culture

 

こんにちは~Maiです!

週末が終わってしまい、新たな1週間が始まりましたね~~

 

本当は平日休日関係なく毎日投稿しようと思っていたのですが、
この週末が少し忙しかったため断念しました。(意志弱い)

 

ということで、このブログは
月~金 毎日更新!!
でやっていきたいと思います!(急に、、)

 

ちなみにバイトが連休なので実家に帰ってきています。(超プライベートな話)

実家はやっぱ落ち着く~~~

 

ということで今回は
学生の住む家についてです!

 

学生にとっての住まい問題って、意外と死活問題ですよね。

なぜなら、お金!!!

多くの学生は、学業とアルバイトを両立させながら生活しているし、
土日しかバイトできない、部活してるからバイトできない、長期休み中にリゾバするのみ、ということも珍しくありません。

 

もちろん、有給型のインターンで社会人と同程度の給料をもらっている人や、起業して多くの年収を得ている学生もいますが。

 

多数派はどちらかというと前者だと思います。

 

ということで、住居に関して日本と台湾の学生にはどのような違いがあるのか見ていきます!

日本の場合

日本では多くの学生はこれらが多いと思うんです。

  • 実家から学校に通う
  • 学生寮
  • 学校の近くで一人暮らし

実家暮らしだと、家賃、食費などの生活費はあまり気にしなくていい事が多い、
一人暮らしだ生活スキルが身につく、

学生寮は安く下宿できる、というメリットがそれぞれあるのかな~と勝手に考えています。

 

実際、学校の周りにはひとり暮らし用のアパートが多かったり。

 

では台湾ではどうでしょうか!

 

台湾の場合

台湾では以下が一般的なようです!

  • 実家から学校に通う
  • 学生寮
  • 学校の近くでシェアハウス

実は一人暮らしは結構レア。

あまり一人暮らし用のアパートが多くない、というか家賃がお高めなので、
以前私が日本で一人暮らししてます、と言ったら
「わあ、金持ちだ」
みたいな謎の変な空気が流れてしまったことが。。。

 

代わりに多いのが、シェアハウス!!

 

私が初めて知った時はちょっと驚きでしたね~

 

どういう感じかというと。

1世帯用のアパートの部屋は一人で使えるけど、リビングやバスルームなどは共用、みたいなケースが多いようです。

 

シェアメイトは学生のみとは限らず、
社会人だったり、もしくは退職後の方たちだったり。

 

実際、私の知り合いが住んでいる家は、
ご夫婦のお子さんたちがみんな結婚して家を出たため、空いた部屋をシェアハウスとして貸し出しているそうです。

 

たしかに、使ってない空間を誰かに貸し出す、というのは有効活用ですよね!
しかも自分でアパート借りて、光熱費も全部自己負担になるよりは安いし。

 

ちょっと余談で他の国も

少し前に前にオーストラリアで生活していた時も、(これについては追々投稿します)
学生はシェアハウスの場合がかなり多かったです。

 

ってことは世界的に見ると、
学生のうちから一人暮らししてる日本はレアなのでは?!

確かにアメリカのドラマや映画でも、友達と一緒に住んでいる学生ってよく見かけますよね。

 

まとめ

ということで、以上、日本と台湾の学生の住み方の違いでした~~

 

日台間の違いをいろいろ発見しだすと、結構おもしろいですよね!

今回の場合は、学生一人暮らしは日本ならではの文化なのか?という疑問提議で終わってしまいましたが。笑

 

月~金で毎日更新めざして!本日はここで締めます~

 

ではまた明日~!


profile
Mai

日本在住の大学生。オーストラリアでワーキングホリデー中に素敵な台湾人男性と出会ってから、台湾にドハマり中!2~3ヶ月に1度は台湾に行っています。現在日本と台湾で遠距離恋愛中。

日本に住んでいるからこそ見えてくる、台湾のプチ情報をお届け!

Maiをフォローする
culture
Maiをフォローする
Maiの台日ライフ
タイトルとURLをコピーしました