台湾で大人気の朝ごはん!台湾式たまご焼き?「蛋餅(ダンピン)」

danbing food

こんにちは、Maiです*

昨日、自分の通っている大学の、学位授与式がありました。卒業式は中止になったのですが、学位授与式は学内で行なったようです。

私は来年!その後の進路が不安定でいばらの道でしかないのですが、後一年、きっとあっという間だろうなあと思っています。後悔しないように、だらけないように、頑張ろうと思います!

さて、今回のテーマは、台湾では超一般的な朝ごはん、「蛋餅」について紹介します!

なぜなら私の大好物だから!台湾にしばらく行かないと蛋餅ロスになります。(そんなにか)

蛋餅

持ち帰りした蛋餅
持ち帰りした蛋餅

「蛋餅」とは、台湾でよく食べられる朝ごはんです。外側は小麦粉ベースの生地、内側にたまご、ベーコン、ねぎなどの食材がはいって、くるくる巻かれています。台湾式たまご焼きとよく説明されますね。

味はシンプルに塩コショウだったり、甘辛しょうゆだれ、みたいなのがかかっていたりします。

大体一口サイズにカットされているので食べやすい、しかも腹持ちも良い、という素晴らしい朝ごはんです。

台湾では朝食をよく外で食べるので、至るところに朝のみ営業の食堂や屋台があるのですが、蛋餅はおもにそのようなところで提供されています。

私の勝手な解釈ですが、蛋餅には2種類ありまして。生地がもちもちのタイプと、カリカリのタイプ。

両方とっても美味しいですが、老舗の朝食屋さんで売っている蛋餅はもちもち、もう少し専門性に特化したお店ではカリカリのことが多い気がしますね。

蛋餅専門店

私はもう蛋餅が好きすぎて、常に美味しい蛋餅を食べれるところを探しているのですが、
その中で見つけた2つのお店を紹介したいと思います。

白暮蛋餅先生2号店松菸

百目先生 蛋餅
百目先生 蛋餅

ここは私が初めて行った蛋餅専門店なのですが、外側の生地が結構カリカリ!間違いなく美味しい蛋餅です。

メニューは結構シンプルでした。+1を選ぶ形式なので、わかりやすいし安い!なのでそんなに大きくならず、2人で3つくらい注文しても問題ないくらいです。

この時注文したのは、ベーコン(培根)とチキン(卡拉雞)ですが、レタスもなかに入っていたので野菜も摂取できて◎

ちなみに白暮は(バイムー)と読みますが、「白目」も同じ読み方なのです。なのでここのキャラクターも白目むいてます。笑

私が行ったのはMRT市政府駅近くの2号店ですが、1号店はMRT中山國中駅近くにあります。

白暮蛋餅先生2号店松菸
台北市信義區忠孝東路四段559巷16弄18號
営業時間: 7:00-15:00

Loco Food (樂口福)

LocoFood 蛋餅
LocoFood 蛋餅

こちらの蛋餅は、けっこうボリューミーな感じですね。メニューにもよりますが、結構いろいろ入っているので贅沢な気分を味わえます。こちらも間違いなく美味しい!カリカリタイプの蛋餅です。

ちなみに私が注文したのは「阿嬤燒肉通通有」です。

私が行ったときは閉店30分前だったのですが(迷惑な奴)、その後も何人かお客さんが来ていたので、地元民にも人気みたい。美味しいもん!

日本語メニューもあったので、注文にも困らずに助けられました。

MRT南京復興駅から少し歩きますが、周りに大きなホテルが多いので、宿泊施設からは簡単に行けるかもしれません。

Loco Food(樂口福)
台北市中山區南京東路三段89巷5-4號
営業時間: 6:00-14:00

その他

阜杭豆漿 蛋餅
阜杭豆漿 蛋餅

蛋餅専門店ではないですが、朝ごはん食堂として大人気の「阜杭豆漿」でも蛋餅は食べられます。こちらはもちもちタイプですね。蛋餅を初めて食べたのがここなのですが、それ以来はまっています。

阜杭豆漿
台北市中正區忠孝東路一段108號2樓
営業時間: 5:30-12:30(月曜は定休日)

まとめ

今回は私の大好物、「蛋餅」についてご紹介しました。この記事を書いてたら、お腹がとてつもなく減ってきました。

自分で作れればいいのですが、料理下手すぎて何回も失敗しています。泣

東京の方で蛋餅を食べられるお店があるようなので、いつか行ってみたいと強くおもっております。

でも蛋餅を食べに台湾に行きたいですね。

ということで以上、Maiでした!ではまた明日~


タイトルとURLをコピーしました